牧草のこと
e0053155_11511219.jpg
今の時期の牧場の様子です。
これから5月くらいにかけて牧草地が新緑のカーペットの様に覆われて、1年で1番気持ちいい時期です(^0^)/
能登ミルク」4軒の指定牧場の中で、西出牧場の牧草は平成15年度農林水産大臣賞を受賞しました。

先日、西出さんから詳しくお話を聞きました。。

牧草の無い期間(10月~3月)は、年に4~5度の刈り取りを行います。
牧草の管理には神経を相当使っています。
それは、牧草の伸び方によって栄養価が変わるからなんです。
伸びすぎた牧草は硬くて食べてくれません。短い栄養価の高いうちに刈り取ります。

「越冬用の牧草」は天日干す→乾燥(水分14%程度)を数回繰り返し作ります。
そして「牛のお腹の健康」を考え、草を作る際に「EM菌」を添加し「冬季」の間の牧草を作ります!!
この牧草こそが「能登ミルク」の基本中の基本なのです。

健康にこだわった、後味爽やかな能登ミルクをご賞味下さい!!
[PR]
by notomilk | 2008-04-16 11:51 | 能登ミルク
<< 搾りたて牛乳の自販機 星稜大学 >>



能登ミルクは懐かしい味がする、新しい牛乳です。
Calendar
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31