能登ミルクの味が変わった?
e0053155_1743384.jpg
いよいよ能登半島の一番美味しい季節がやってきました!!
奥能登の「能登ミルク」の厳選した牧場の牛たちは、春から秋にかけて、広い牧草の上に放たれていました。
そんな時期、僕の目には草を食べる牛の姿が1番幸せそうに見えます(^O^)
幸せそうな牛たちを見ていると、余裕のない心も、ちょっぴりほのぼのしてきます(^O^)

これからの季節、能登ミルクの味が変わった?とディープなお客様から問い合わせがあったりします。

それは成分を調整していないので、牛の種類が変わったのではなく牛たちの餌が、6月~10月は水分が多い生の牧草を食べているので、夏の生乳は自然と 乳脂肪分が少なくなり、さっぱりした味わいになります。(牛たちも夏バテになるんですよ)
これからの11月~5月くらいは、品質の良い「干し草」に変わるので、これから5月くらいまでが、乳脂肪分が上がる「能登ミルクの旬」になるんです(^0^)/
(特に、西出牧場さんは平成15年度牧草地日本一に輝きました!!)


これからも季節によって変化する「能登ミルク」の味を楽しんで下さいね!!(^~^)

[PR]
by notomilk | 2007-10-15 17:02 | 能登ミルク
<< 伊藤社長、初登場(^0^)/ 金木犀 >>



能登ミルクは懐かしい味がする、新しい牛乳です。
Calendar
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30