和倉温泉総湯(合資会社)の将来!
今日、和倉温泉「総湯」にて表題の内容で、講師への和倉温泉商店連盟経営者側から見て、温泉・商店街をどう見て、将来をどのように願っているか。その中で、総湯(合資会社)の存在価値と期待することなどヒヤリングとして参加しました。

1、千年温泉を持ってる街「和倉温泉」の寄せる思いについて
2、この街の将来をどうしたいと思うか。
3、商店街として「総湯」に期待すること。その他

現状は和倉に限らず、全国的に温泉街の活気が失われており現状は大変厳しい状態だと思っています。
私からもいろいろと話をさせてもらったけども、現在、街作りで総湯の建替え・改築の話(噂)があります。
私は「道後温泉総湯や山中温泉菊の湯みたいな100年経ってから評価される様な、開湯1200年に相応しい・重々しい総湯であってほしいと。でも、いやそう言っても予算はこれだけだからこんなんしか出来ません・・と言う中途半端なことにはしてほしくない」と話をしました。

どう考えても和倉温泉の主役は間違いなく「温泉」なのだから、自信を持って
子供達に引き継ぎたい!と切に願っています。
[PR]
by notomilk | 2006-11-02 17:17 | 和倉温泉
<< 辻口シェフのホットケーキ!「和み」 香島中文化祭 >>



能登ミルクは懐かしい味がする、新しい牛乳です。
Calendar
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31