日本経済新聞に掲載されました♪
e0053155_11365178.jpg
『4月22日日本経済新聞より抜粋』
石川県七尾市の道の駅で4月に発売されたご当地バーガー「のとじまバーガー」が、口コミで人気になっている。能登島ポークのカツを挟んだ「白」と、アオリイカのイカスミでパンを黒くした「黒」の2種類があり、週末には1日で合計50個売れることもあるという。道の駅では地元の牛乳とのセット販売なども検討しており、ご当地グルメとして定着させたい考えだ。

 のとじまバーガーは、石川県の民間提案型雇用創出事業に採択され、「道の駅のとじま」の運営会社が開発したもので、4月1日に1個500円で発売した。白、黒ともにパン生地に地元の「能登ミルク」を配合し、黒にはイカスミも入れて特徴を出した。とりわけ人気があるという黒は、能登ミルクとアオリイカ、中島菜のクリームコロッケを挟んだ。

 カツとコロッケは手作りで注文を受けてから揚げるため、観光客が集中するゴールデンウイーク(GW)期間中は1日各20個の限定販売にするという。瓶入り能登ミルクとのセットメニューなども考案しているほか、「カキフライバーガー」など季節限定バーガーも展開していく。
[PR]
by notomilk | 2011-04-23 11:37 | 能登ミルク
<< 和倉温泉「総湯」新築オープン情報 第1回大ナゴヤ物産展 >>



能登ミルクは懐かしい味がする、新しい牛乳です。
Calendar
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30