新会社「アイ・ミルク北陸」誕生!!
北国新聞より抜粋
e0053155_15594331.jpg
小松牛乳(能美市)と北陸乳業(七尾市)は2日、事業統合によって発足させる新会社の名称を「アイ・ミルク北陸」にすると発表した。同日、金沢市の石川県農業会館で契約書に調印した。北陸乳業が小松牛乳に事業譲渡し、新会社の社長には廣田孝司小松牛乳社長が就く。
新会社は4月1日に発足し、小松牛乳は3月1日に新社名に変更する。資本金は8千万円で、北陸乳業の筆頭株主であるJA全農いしかわが約20%を出資する予定。新会社の生乳処理量は年間約2万トンで、北陸最大級のメーカーとなる。小松牛乳本社を新会社の本社とし、北陸乳業本社を能登営業所として能登地区の営業や物流拠点とする。北陸乳業の正社員35人のうち、希望者20人が新会社に再就職する。
「小松牛乳」や「農協牛乳」など両社の主力商品は、これまでと同じ名称で製造する。新たに「能登育ち(仮称)」という牛乳の商品展開も計画している。
調印式では北陸乳業の江藤利一社長らが出席し、廣田社長は「安全で高品質の牛乳を提供したい」と話した。


能登ミルクの立ち上げから、今まで大変お世話になった「北陸乳業」が無くなってしまうのはとても残念ではありますが、新会社になっても引き続き「能登ミルク」専用のタンクもタンクローリーも720ml瓶用途の製造ラインを北陸乳業から移設するなどの措置もして頂けるので、僕も一安心。

これからも、酪農家の皆さん・「アイ・ミルク北陸」さんと連携を密にして、頑張っていきたいと考えております。
宜しくお願い致します。
[PR]
by notomilk | 2011-02-03 16:00 | 能登ミルク
<< もきちのきもちシリーズ 今年の目標 >>



能登ミルクは懐かしい味がする、新しい牛乳です。
Calendar
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30