湯宿さか本
ここんとこ、心身共凹む事ばかりで疲れきってブログも滞ってしまってました(^-^;

そんな僕を心配して、妻が「ちょっと行きたいとこあるから、休んで行こうよ」と誘われ、先日妻とふたりで、この宿に泊まりました。
部屋にはテレビも電話も時計もない。冷房設備もないから、夏は木立をぬける風がたより。冬は薪ストーブだけらしい。
場所が場所だけに、携帯電話も通じないから、逆に諦めもつく。


『いたらない、つくせない宿なんです』


という言葉通り、そこには従来の宿とは違った趣きがありました。
言葉少ない女将さんに部屋を案内され、ようやく意味を知りました。
宿のいたる所に言葉以上の丁寧なおもてなしを感じました。漆塗りの湯船、竹林、旬の食事。そこには究極の美があり、今まで経験した事のない、そっと包まれるような素晴らしい時間を過ごさせていただきました。

まだまだ本調子ではないけど、家族全員で僕を励ましてくれます。ホントにありがたい。。
もっともっと強いお父さんでいないとね!
[PR]
by notomilk | 2009-06-12 10:49 | 能登半島
<< 新車 能登よさこい祭り >>



能登ミルクは懐かしい味がする、新しい牛乳です。
Calendar
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31